医療事務の面接、逆質問のコツ

医療事務の仕事に就くにあたって面接というのは避けて通ることはできませんよね。

どんな医療機関でも書類選考だけで採用してくれるところなんてありませんから、競争率の高い中から採用を勝ち取るためにはしっかりと面接の対策を立てておかなければいけません

医療事務の仕事に限ったことではありませんが、面接というのは非常にたくさんの候補者の中から数名を選ぶことになるわけですから、それなりに他の人とは違うところ、印象に残るようなところがなくてはいけません

そこで面接での重要なテクニックとして逆質問というものがありますね

通常面接では面接官からいろいろと質問して答えることになるわけですが、最後に逆質問をすることでやる気のあるところを見せて、好印象を与えることもできるというわけです。

もちろん、面接官の方から「何か質問ありますか?」という感じで逆質問を聞いてくることもあるでしょう。

そういった時に「ありません」というのは最悪な答えであって、やはり医療事務の仕事について知ろうとする態度を示し、やる気があるというところを見せるような質問をしたいところですよね

また、質問は前もって複数用意しておいた方が良いでしょう。

聞きたいと思っている事を先に説明されては質問できなくなってしまいますからね。

SponsoredLink

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 志望動機・面接 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。


スポンサードリンク